現時点でけフ2にだけある要素は「動物の地域性ネタ」だと思う【白根こま様】

 

現時点で、たぶんけもフレの他のコンテンツに無くて、けフ2にだけある要素は「動物の地域性ネタ」だと思う。私、4話のアードウルフの引っ越しが凄く好きなんだけど、あれ「アフリカのアードウルフはアメリカでも生息できるんじゃないか」という可能性を示してて新しい世界が開けた感がある #2ここ好き
4話のアードウルフのお引越しは、シムアース(古い、、、)の地球系シナリオで、適当に生物を配置して色々観察してた時の感覚を思い出すところがある #2ここ好き
7話も、今は離れた地域にいるプロングホーンとチーターを出会わせてみたらどうなるかをやっていて、けもフレにミリタリーものの架空戦記に近いネタを持ち込んできたのは、現時点のけフ2の最大の功績ではないかと思う。 #2ここ好き


【管理人】
地球そのものを一つの動物園とみなして、自由に動物を配置できるような感覚、といった感じなのかな(正にジャパリパークそのもののことですが)。
実際フンボルトペンギンなんかも日本の方が環境として適していて、原産地より生息数が増えていると聞いたことがあります。

いずれにせよこういう見方ができる人も、こういう見方が楽しめるけもフレ2も、どちらも凄いなと思います。

11 COMMENTS

ななしのフレンズ

ぱびりおんやってないんですね
841とか1065とか、いくらでもそういうネタはあるけど

返信する
ななしのフレンズ

レッサーパンダの性格もレッサーの劣っているっていう意味に引っ張られてるのが興味深い

返信する
ななしのフレンズ

>>2
プロングホーンとの生存競争に負けたアメリカチーターはチーターじゃなくてピューマに近い種らしいね
プロングホーンVSチーターって夢の対戦カードだった
因みに2に無関係な話だけど、プロングホーンの天敵はコヨーテなんだそうな

返信する
ななしのフレンズ

スタッフ曰く、各話各話を数百話ある長期シリーズ作品のある1話、のつもりで作ってたらしいね。
オグロヌーメインの話とかも構想ではあったらしいし。
あた1,2クールくらい話数多めにほしかった。

返信する
ななしのフレンズ

正直欲を言うとジャパリラインに乗ってもっとご当地ラッキービーストと一緒に色々回って欲しかったなとは思う

返信する
ななしのフレンズ

三話のアシカとイルカも動物園そのものをひとつの生息区域として描いてるよね
そういう描写の拡張性の意味でも三話めちゃ好き

返信する
ななしのフレンズ

>今は離れた地域にいるプロングホーンとチーターを出会わせてみたらどうなるかをやっていて、
>けもフレにミリタリーものの架空戦記に近いネタを持ち込んで
こういう観点はなかった
なるほど面白い

返信する

コメントを残す