「ビーバーのいる森は火災に強い」ことが判明。 (「ナショナルジオグラフィック日本版サイト」より)

ビーバーのいる森は火災に強い、研究 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト  https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/20/092800563/ 
ビーバーのいる森は火災に強い、研究: 米国で森林火災が相次いでいますが、ビーバーのいる森は燃えない、とする研究成果が発表されました。ダムの効果だそうです。  http://dlvr.it/RhY0WQ  #ナショジオ
ビーバーのいる森は生態系に様々なメリットをもたらし、森林火災を食い止める役割をも持つ。 しかし、ビーバーは道路を冠水させたり木を倒すという理由で駆除されている。  https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/20/092800563/?ST=m_news 
世界で森林火災が多発する中、ビーバーのいる生態系は「燃えにくい」との研究が。ビーバーがダムを作ったエリアでは植物に水が多く含まれ「防火」となり、ダムのない場所に比べ約3倍の植物が焼けずに残った。ビーバー自身だけでなく、多くの小動物の「火災避難所」にもなる。  https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/20/092800563/ 
ビーバーが水路を掘ったり池を作ったりすることで森林火災の延焼を防ぐというお話 「複雑なことはありません。水は燃えないということです。」(地形学者さんの言葉を記事より運用) アメリカのユーモアって感じで最高💤  https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/20/092800563/?ST=m_news 
@mn12100 ストレス軽減に、ダムによる森林火災発生率の低減、おまけに銃のストック名にもなっている、ビーバーってなかなかすごい動物ですね。
ビーバーの作るダムが、それによって生まれる湿地が、森林火災から森を守っていたとか…!湿地は燃えにくい、言われてみれば当たり前ことなのですが普段は森林を破壊する厄介者だったビーバーが火災の時は逆になるとか、生き物って面白い|ビーバーのいる森は火災に強い、研究  https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/20/092800563/ 
RT>それだけ貢献しているにも関わらず、数多くのビーバーが毎年駆除されている。道路を冠水させたり、樹木を倒したりと様々な害をもたらすというのが理由だ。しかし、人道的な方法を工夫することで、ビーバーとの関係も森林火災との関係も改善させられるはずだとフェアファックス氏は言う。
@kemo_project じゃあうちの森にもビーバーを移入しよう!ってやるとこうなるから注意  https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/photo/stories/19/073000059/?ST=m_photo 
管理人
管理人

巡り巡って意外なところで……って感じですね。どこで何がどういう風に役立つか分からない。これが多様性というもののキモなんだろうと思います。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。